Office 2016 for Windowsも登場

先日,mac版が先に出ましたが,Windows版も少し遅れて9月21日に登場しました。Mac版と同様,先にOffice365版がインストール可能となり,製品版は後ほどリリースとなるようです。

早速インストールしてみましたが…アカウントページでインストールボタンをクリックするだけであっけなく終わってしまいました。

fin

Office365のライセンスはMacもPCも2016になりました!

acc

軽く起動だけしてみたところ…プレビュー版も触りましたし,Mac版も入れましたし,何よりも2013とあまり大きく変わっていないので,おぉっ!となることもなく。

font

Excelのデフォルトフォントが「游ゴシック」になっていました。一方,Mac版はMS Pゴシックとなっていましたが,この辺りはなぜ揃えなかったのか。

アンインストールした2013に入れていたせいかもしれませんが,デフォルトでPower Mapが使えるようになっていました。もう少し融通がきく機能であればもっと積極的に使ってみたいのですが…

Office 2016 for Mac が突如発表!?

まずはOffice 365ユーザー向けだそうです。しかしながら,今日リリースされるという情報は全く知らず,さかのぼって調べてみても発表日のアナウンスはない模様。夏頃発表という記事をかろうじて見つけました。

早速インストール

installinfo

以前ベータ版を入れてみたので,雰囲気はわかっていましたが… ライセンスがまだ一つ余っていたので早速入れてみました。

外観

まず目につくのはリボンの違い。「ページレイアウト」だったものが「印刷レイアウト」に変わっています。「ファイル」もありません。

ribbon

機能

すぐに全てを確認はできませんが…リボンのツールバーを見る限り,Excel 2013でできたことは大体できそうです。
以下,確認したことです。(想像も含みますが…)

  • VBAはある程度互換性があると思われるが,Win32APIやIEはもちろん使えないでしょう。
  • ゴールシークも使えるし,ソルバーアドインもあるようです。
  • Power PivotやPower Mapもやはり使えないようです。
  • 必要ないと思いますが,セルの目盛線の色を変えられるようです。
  • リボンのグループタイトルの表示/非表示が選択可能

使い込んで,また何かわかったらレビューします。

Office 2016 Preview が一般公開されたのでExcelを見てみました。

Office 2016 Preview が一般公開されました。

詳細やダウンロードはIT Mediaの記事をどうぞ。

変更点を詳しく知りたい場合は,英語ですが,Office Blogをご覧下さい。私もサラッとしか見てませんが…

インストールしてみました

使用中のOffice 2013をアンインストールするのは支障が生じるので,MacBook Pro Retina の Parallels Desktopに新しくWindows 10 Insider Preview build 10074をインストールし,そこへOffice 2016をインストールしました。メニューなどはまだ英語のままです…

自宅のMacについては今年の秋にはこのような環境になっていると思いますが,会社の方はしばらくはWin7+Office2013のままでしょうね。

ぱっと見て気付いた点

外観の見た目はほぼExcel 2013です。Officeテーマは今まで,白,薄い灰色,濃い灰色の3つでしたが,Colorful, Light Gray, Medium Gray, Dark Gray, Whiteの5つに増えていました。Colorfulを選ぶと,上の画像のように,タイトルバーからリボンのタブまで緑色になります。

リボンの一番右側にTell Meという検索窓があり,Excelの関数や機能をすぐに調べることができるようになっています。なお,現時点では日本語に対応していません。

データ分析が素早く簡単に

Office BlogのData analysis made faster and easierのところが気になりますので,部分的に簡単に意訳してみます。

  • ワンクリックで予測 ワンクリックでデータ系列の将来予測を作成
  • 直感的なデータ接続・整形機能 パワークエリの統合により,Excelがあらゆるデータを分析可能なワークスペースに
  • 簡単なデータモデリングと強力な解析 改良されたパワーピボットにより,ドラッグ&ドロップでデータモデルを構築し,データセットをマッピング
  • Microsoft Power BI Previewに公開 Power BIのユーザーにあなたのExcelブックを簡単に公開・共有が可能。
  • 新しいグラフ ツリー図,サンバースト,滝グラフ,箱ひげ図,ヒストグラム,パレート図などで新たな表現

いずれも魅力的な機能ですが,万人に使いこなせるか,旧バージョンとの互換性などが課題になるでしょうか。

最近購入したExcelの電子書籍

最近は紙の本よりも電子書籍を購入することが多くなってきましたが。最近購入したExcelの本を紹介します。

IEを自在に操るExcel VBAプログラミング入門―データの収集・加工を完全自動化!

こちらの本と内容的に似ているのですが、「F#を使って金融情報サイトから株価を抽出する」という今までにないタイプの記事があったので買ってみました。

エクセルで極める 仕事に役立つウェブデータの自動取り込みと活用 (ビジネス極意シリーズ)

Webクエリの実例が多く、参考となりそうなので購入しました。しかも去年に楽天Koboで買ったのを忘れて、今年になってhontoでも買ってしまいました…

エクセルでできる! ビッグデータの活用事例 「Power BI」で売上倍増! (ビジネス極意シリーズ)

まだ仕事でビッグデータを扱うことはないのですが、個人的に研究してみたく購入してみましたが、現在積ん読になってしまっています。

VBAエキスパート Excel スタンダードを取得しました

以前から受けようか迷っていたVBAエキスパートですが、年度末の業務も落ち着いたので、最近受験し、無事合格しました。区分はベーシックは飛ばしてスタンダードです。

公式サイトの「VBAエキスパートとは」のページによれば、Excel、Accessのマクロ・VBA(Visual Basic for Application)のスキルを証明する資格とのことで、リンク先の公式サイトによればメリットは以下のように挙げられています。

  1. マクロ・VBAスキルを客観的に証明
  2. 対策学習が実務力に直結
  3. 業務や作業効率が向上
  4. 就職・転職時の実力アピールに
  5. 取得結果をスピーディに活用
  6. 雇用メリットにより採用も有利

私の場合ですが、転職は今のところ考えていないので4.〜6.は該当しないでしょうか。3.は資格取得の有無に関係なく、マクロ・VBAを活用することができます。1.については、私の会社ではこの資格を特に評価しないと思いますし、もちろん報奨金や資格手当なども出ませんし受験料も自腹です。

ところで、アマゾンの購入履歴を見てみたところ、公式テキストを購入したのが2012年12月だったので、この資格を取ってみようかな…と考えてから2年以上放置していたことになります。

前述のようにあまり私にとってメリットの少ないこの資格ですが、長年放置していたのに、なぜ今回取得したかというと、上記の中では2.に近いでしょうか。その他では、公式サイトのコラムの「岩田部長の気がかり」にあるように、VBAを体系的に理解している必要があると考えたためです。

VBAの体系とは、Excel VBA Standardの試験項目でいうと、次の10項目のようです。

  1. プロシージャ
  2. イベント
  3. ステートメント
  4. 関数
  5. エラーへの対処
  6. APIとOLEオートメーション
  7. 変数と配列
  8. レジストリの操作
  9. ファイルの操作
  10. ユーザーフォームとメニューの操作

その他にも細かく言えば、アルゴリズム、クラスモジュール、グラフとの連携、ピボットテーブルとの連携、データテーブルとの連携、Accessとの連携、Webとの連携、XMLデータなどがあると思うので、ベーシック、スタンダードの上にもう一つ上のランクがあってもいいかもしれませんね。

実際に試験勉強してみると、これまで業務の中であまり使わなかった内容がやはり苦手な分野となっており、テキストファイルやCSVファイルの読み書きのところなどが模擬試験でもよく間違えていました。

次はAccess VBAスタンダードを取って、スタンダードクラウンを目指したいと思います。