今年購入したExcel本

最近購入したExcel本で、まだこのブログで紹介していないものがあったので…

Excelが悲鳴をあげるくらい使い倒すためのVBA入門

「Windows APIを利用する」という章を読みたくて購入しました。僕はKoboで買いましたが、今はKindleでしか購入できなくなっているようです、

Excelはもはやビジネスにおけるプラットホームかもしれません。
ワークシート関数を駆使してレポート作成を効率化したり、
あるいはマクロを駆使して自動化したりと「なんでもできる」アプリケーションです。

しかし、その早すぎる自動化の結果はハッピーになれるのでしょうか?

マクロを使いこなせるようになるには、まず自分の周りの小さなタスクを自動化していくことで「何に向いているのか」「どんなことに不得手なのか」ということを知り、知恵として身につけていくことが必要だと考えます。

本書では、そうした知恵を身につけていくためのVBA入門をご紹介していきたいと思います。

脱入門者のExcel VBA 自力でプログラミングする極意を学ぶ

Excel著者で有名な立山さんの本です。

2万部突破のロングセラー『入門者のExcel VBA』の著者による新作です。Excel VBAに入門した方のステップアップに必要な「3つの力」を中心に学べます。
前作で学んだ基礎知識をおさらいできる補足が各所にあるので、おさらいしながら読みたい人にも安心してお読みいただけます。
本書は、Excel VBAの入門者レベルの人が中級者へステップアップするためのものです。VBAのプログラミング上達に欠かせない「プログラムの問題点を見つけて修正する力」「処理が速いプログラムを書く力」「状況の変化に対応しやすいプログラムを書く力」について、実用性の高い作例をとおして学びます。
これ一冊で、効率よく上達しましょう。

関連記事