amazon prime day で Office 365 Solo を更新!

もしかしたら見落としてるだけなのかも知れませんが、最近、Office 365 Solo のセールを見かけなくなりました。そんな中、今年も amazon prime day でセールを見つけたのでチェックしてみました。今年のamazon prime day は今日明日、7/15〜16です。

Office 365 Soloとは

Office 365 Soloとはサブスクリプション型のマイクロソフトOfficeのことですね。契約期間中はバージョンアップなどのサポートが受けられます。

これに対して昔からある1回だけお金を払って買い切るマイクロソフトOfficeは永続ライセンスと呼ばれます。 バージョンアップはできませんが、OSが対応する限りいつまでも使えます。

Adobe CCなどのように、マイクロソフトOffice以外のソフトウエアも永続ライセンスからサブスクリプションが主流になりつつあります。

メリットは

コストだけ考えると、永続ライセンスを長く使った方が安くなります。例えば、Office 2003は、Windows XPが終了するまで使いきり、そのあと Office 2013にバージョンアップした人も多いと思います。

しかしながらサブスクリプションだと、あたりまえですが、常に最新の機能を使えるというメリットがあります。そのメリットのために毎年1万円の価値があるのか? これは人それぞれだと思いますが、僕はこの1万はOne Drive 1TB の費用だと思えば、Officeなんてタダ同然と思っています。

今年のセールは?

  • そもそも公式の価格税込み12,744円(税抜き11,800円)と比較すると、消費税分安くなっている。
  • まず、2%OFFとなっており、これはおそらく常時の価格だと思います。
  • そして Prime Day セール として「レジにてさらに10%」の割引が適用されるとのこと。
  • さらに、特別キャンペーンとして「更新対象者限定クーポン」5%OFFとなっています。
  • Amazonギフト券チャージキャンペーンを使えばさらにポイント還元があります。例えば1万円をコンビニでチャージすると、Prime会員なら1.5%ポイント還元
  • 次は11月更新予定だったので、今のうちに買っておくと消費増税2%を回避

いくらで買えた?

これらを組合せて、9,844円とチャージ時の1.5%ポイント還元で、実質9,696円で1年分を延長しました。月あたりに換算すると808円です。

トータルで公式の価格12,744円からすると23.9%OFFでした。(消費税10%を考慮すると、12,980円から25.3%OFF)

今後は…

僕は去年も同じPrime Dayキャンペーンで購入していたので、更新対象者に該当していました。来年も同じキャンペーンを期待したいですね。

しかし、過去には Office 365 Solo 単独でセールを行っており、2015年9月30日にはamazon で30%OFFの8,107円で購入できました。Microsoftの販促だと思いますが、今後はあまり期待できないかも知れません。

そのほかには、家電量販店でのセット販売キャンペーンがありました。2016年8月30日には、iPad Pro 9.7インチとSmart Keyboard、Apple PencilとOffice 365 Solo のセットで13,900円の割引、2017年9月30日にはiPad Pro 10.5インチ本体とOffce 365 Soloのセットで5,000円の割引で買っています。

最近は家電量販店に通っていないのでよく分かりませんが、徐々に割引額が小さくなってきていますので、これも今後は期待が薄いかも知れませんね。

注意!

購入したサブスクリプションを有効にするために、Office 365のサイトにコードを登録することになりますが、その際Microsoftは、サブスクリプションの定期請求を有効にしようとしています。

うっかりそのままにすると、サブスクリプションが切れた瞬間に定価の11,800円(税抜き)が請求されてしまいます。(次は消費税10%なので、税込み12,980円となります。)

キャンペーンで安く購入するチャンスが奪われてしまいますので「定期請求」を無効にしましょう。

関連記事