VBAのはじめの一歩 〜 Excel のリボンメニューにVBAの開発タブを表示する

このブログでは、いろいろなVBAのテクニックや考え方、コードスニペットを紹介しています。いくつかはダウンロード版も提供していますが、簡単なものはここからコピペして作っていただければと思っています。

でも、コードをコピペするにも、まずどうすればいいの?っていう初めての方への説明が今までほとんどしてきませんでした。今後は幅広い方に活用していただけるよう、入門的な内容にも触れていきたいと思います。

VBAのプログラムのソースコードはもちろんセルに入力するのではありません。Visual Basic Editor(VBE)というExcelから呼び出せる別のウインドウに入力する必要があります。
そのウインドウを呼び出すだけなら Alt+F11 で済みます。VBEの起動の他にマクロの記録やアドイン、シート上へのコントロールの配置などの機能をまとめた「開発」用のメニューがあるのですが、デフォルトでは隠されています。
したがって、VBAのプログラミングをするには、Excelのリボンメニューの「開発」タブを表示する必要があります。

単純に、設定画面から「開発」リボンを表示するように設定するだけなのですが、Windows版とMac版でちょっと違うところに設定画面があります。詳しくは以下の動画でどうぞ。

関連記事