MsgBox関数の組み込み定数

MsgBox関数のダイアログでボタンの数や種類、表示するアイコンを設定するための引数や、押されたボタンを示す戻り値に組み込み定数が用いられています。よく使うので、一覧にまとめておきます。

MsgBox関数の引数の値

定数の代わりに直接値を用いることができますが、意味がわからなくなるのでやめた方が良いです。

定数 内容
vbOkOnly 0 (規定値)[OK]ボタンのみを表示
vbOkCancel 1 [OK][キャンセル]の2つのボタンを表示
vbAbortRetryIgnore 2 [中止][再試行][無視]の3つのボタンを表示
vbYesNoCancel 3 [はい][いいえ][キャンセル]の3つのボタンを表示
vbYesNo 4 [はい][いいえ]の2つのボタンを表示
vbRetryCancel 5 [再試行][キャンセル]の2つのボタンを表示
vbCritical 16 警告メッセージアイコンを表示
vbQuestion 32 問い合わせメッセージアイコンを表示
vbExclamation 48 注意メッセージアイコンを表示
vbInformation 64 情報メッセージアイコンを表示
vbDefaultButton1 0 (規定値)第1ボタンを標準ボタンに設定
vbDefaultButton2 256 第2ボタンを標準ボタンに設定
vbDefaultButton3 512 第3ボタンを標準ボタンに設定
vbDefaultButton4 768 第4ボタンを標準ボタンに設定
vbApplicationModal 0 (規定値)アプリケーションモーダルに設定
vbSystemModal 4096 システムモーダルに設定
vbMsgBoxHelpButton 16384 ヘルプボタンを追加
vbMsgBoxSetForeground 65536 最前面のウィンドウとして表示
vbMsgBoxRight 524288 テキストを右寄せで表示
vbMsgBoxRtlReading 1048576 テキストを右から左の方向で表示

アイコン

種類 アイコン
警告メッセージアイコン
問い合わせメッセージアイコン
注意メッセージアイコンを表示
情報メッセージアイコン

定数の組合せ

ボタン、アイコンなど複数の設定をする場合は単純に加算するだけです。

例)[はい][いいえ][キャンセル]ボタンと問い合わせメッセージアイコンを表示する場合
→ vbYesNoCancel + vbQuestion

MsgBox関数の戻り値

定数 内容
vbOk 1 [OK]ボタンが押された
vbCancel 2 [キャンセル]ボタンが押された
vbAbort 3 [中止]ボタンが押された
vbRetry 4 [再試行]ボタンが押された
vbIgnore 5 [無視]ボタンが押された
vbYes 6 [はい]ボタンが押された
vbNo 7 [いいえ]ボタンが押された

関連記事