Excelのバージョンによって処理コードを変える

Excelはバージョンが上がるごとに機能が増えるのは良いのですが、後方互換性が確保されないこともよくあります。
VBAのプログラミングにおいても、バージョンによってコードの書き方が変わってしまうこともあるので、以下の方法で書き分けることができます。バージョンの番号の説明についてはこちらにもあります。

一つのバージョンとそれ以外で書き分ける場合は、それ以外の方は Case Else と書けば簡単です。

関連記事