ついにiPadでOfficeが! さっそくインストールしました。

Office 365サービスに合わせて,日本でもiPad用のOfficeが利用できるようになりました!

iPadのオフィスで何ができるかというと,日本以外でリリースされていた今年の4月頃の週アスPLUSにこのような記事が掲載されていました。

機能面から見ると、一般的なユーザーがファイルを作成するのに必要な、Officeの機能はほとんどが利用可能です。ただし、VBA を使ったマクロやアドイン、 フォーム、カスタムプログラムといった、高度な機能は利用できません。このあたりはマイクロソフトがWindows RT向けにバンドルしていた「Office 2013 RT」とほぼ同等で、パソコン用Officeの機能を100%とするなら、60 ~ 70% 程カバーすると考ればいいでしょう。業務用に高度にカスタムアプリケーション化されたファイルは利用できませんが、帳票の入力やレポートの作成、プレゼンテーションの修正や実行程度であれば、わざわざノートパソコンを持ち歩かなくても、iPadが1 台あれば十分ということになります。

パソコンで作成した資料をiPadに入れて,出張先でプレゼンしたり,新幹線の中でチェックして,ちょっとした修正ができる。まさにやりたかったことが可能となります。

関連記事