[OpenLayers] いろいろな地図を重ねて切り替えられるようにする

Openlayersでは、まず地図オブジェクトを用意しますが、これだけでは何も表示されません。これは地図を載せるための机や箱のようなものと考えられます。
そこに実際の紙の地図を重ねるようにレイヤを重ねることになります。レイヤはベースレイヤとオーバーレイレイヤの2種類があります。
ベースレイヤは一番下に置く基本的な地図で、同時に1つしか表示できませんが、いくつか用意しておいて切り替えられるようにすることができます。
“[OpenLayers] いろいろな地図を重ねて切り替えられるようにする” の続きを読む

[OpenLayers] 地理院地図の標準地図を表示する

WebGISアプリを作る場合、Googleマップを用いれば地図も綺麗だし、APIの書籍や解説サイトも多く出ており、やりやすいと思います。
しかしながら、業務で利用する場合はライセンスが問題になります。その解決策の1つとして、昨年秋にリニューアルされた国土地理院の「地理院地図」を利用してみることにします。
“[OpenLayers] 地理院地図の標準地図を表示する” の続きを読む

地理院地図でkmlを使わずにExcelデータから複数のマーカーをプロット(2)

Excelで位置情報のデータを整理

前回のページで複数のマーカーをプロットするための地理院地図のHTML,Javascriptを用意しました。
ここでは例として、全国の都道府県の県庁所在地をプロットしてみます。
“地理院地図でkmlを使わずにExcelデータから複数のマーカーをプロット(2)” の続きを読む

地理院地図でkmlを使わずにExcelデータから複数のマーカーをプロット(1)

電子国土から地理院地図へ移行

したのが、もう半年以上も前のことでした。
今後は電子国土プラグインのサポートもされないということなので、以前に作ったプラグインバージョンの地図アプリケーションを地理院地図対応へバージョンアップする必要が生じました。電子国土プラグインはAPIも整備されており開発しやすかったのですが、今後の地理院地図ではAPIは提供されず、オープンソースのライブラリ(Openlayers や Leafletなど)を用いて開発しなければならないようです。
“地理院地図でkmlを使わずにExcelデータから複数のマーカーをプロット(1)” の続きを読む