地図上で位置情報を取得してExcelに転記

このブログに「Googleマップ 緯度経度 Excelへ」という検索キーワードからのアクセスがありました。おそらく、GoogleマップなどWeb地図で表示させた位置の緯度・経度を、選択・コピー&ペーストといった手間なく転記したいというニーズでしょう。

私も業務アプリ作成の中で、デジカメ写真の位置情報や住所から変換(リバースジオコーディング)した位置情報を微調整する機能を作成したことがあります。そのときは、自前のWebサーバーにある程度の機能をJavaScriptで実装する方法としました。

いろいろな手法が考えられると思いますが、今回は緯度経度の取得のみに限定して最も手間のかからない方法で作成してみました。
(初出2015/6/21、最新情報で更新2017/12/16)
“地図上で位置情報を取得してExcelに転記” の続きを読む

位置情報を文字列へ変換するジオハッシュ関数

写真のジオタグなど位置情報から住所へ変換する逆ジオコーディングについては,WebサービスのAPIを利用する方法が考えられます。しかしながら,非公開アプリケーションとして用いる場合は,ライセンス料がネックとなることもあります。
そこで,逆ジオコーディングを自前で構築する方法はないものかと,情報収集を行ったところ,国土交通省が提供している「位置情報参照情報ダウンロードサービス」が使えそうだということが分かりました。また,位置情報を特定するには「ジオハッシュ」が有効だということも分かりました。
さらにいろいろ調べましたが,Web上にはまだ詳しい情報が少なくそのまま適用できそうなものも公開されていなかったため,自分でジオハッシュ関数を作成してみることにしました。

“位置情報を文字列へ変換するジオハッシュ関数” の続きを読む

Excelの位置情報からGoogle Mapを表示する。

Excelから位置情報を取得してブラウザを開き位置情報をWebGISに渡す手法を紹介しました。これらを組み合わせて,Excelの位置情報から地図を表示することができます。WebGISは,Google Map,Yahoo!地図,電子国土などありますが,まず単純にGoogle Mapを表示する手法です。
“Excelの位置情報からGoogle Mapを表示する。” の続きを読む

ExcelからHTMLへ値を渡す。

こちらのページでは,ExcelからInternet ExplorerでWebページを開く手法やワークシートの値を引数としてクエリをかける手法などを紹介しました。
WebGIS側でその引数を活用するためには,緯度と経度に分割する処理が必要になりますので,引数を受け取ったHTML内のJavascriptで処理する必要があります。
“ExcelからHTMLへ値を渡す。” の続きを読む