ジオハッシュによる逆ジオコーディングで最寄りの街区が検索されない理由

上の画像の例のように,青の位置情報(北緯35.694641 東経139.691221)から,街区レベルの住所を検索したい場合,結果は緑で示した西新宿6丁目9番が得られるべきですが,前回作成した関数では,赤で示した西新宿8丁目11番が得られてしまいます。
このような誤差が出る理由を知るため,順を追ってみていくことにします。
“ジオハッシュによる逆ジオコーディングで最寄りの街区が検索されない理由” の続きを読む

位置情報を文字列へ変換するジオハッシュ関数

写真のジオタグなど位置情報から住所へ変換する逆ジオコーディングについては,WebサービスのAPIを利用する方法が考えられます。しかしながら,非公開アプリケーションとして用いる場合は,ライセンス料がネックとなることもあります。
そこで,逆ジオコーディングを自前で構築する方法はないものかと,情報収集を行ったところ,国土交通省が提供している「位置情報参照情報ダウンロードサービス」が使えそうだということが分かりました。また,位置情報を特定するには「ジオハッシュ」が有効だということも分かりました。
さらにいろいろ調べましたが,Web上にはまだ詳しい情報が少なくそのまま適用できそうなものも公開されていなかったため,自分でジオハッシュ関数を作成してみることにしました。

“位置情報を文字列へ変換するジオハッシュ関数” の続きを読む

位置情報から住所へ変換(逆ジオコーディング)する。

旧ローカルサーチAPIの提供終了に伴い、本記事の情報は古くなっています。
新しいAPIに対応した記事を書きましたので,こちらのページを参照してください。

“位置情報から住所へ変換(逆ジオコーディング)する。” の続きを読む